============ Salome Meca 例題(佐藤先生ご提供) =============

ダウンロード
受講者にお知らせしパスワードで開いてください。
SalomeMeca例題.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 1'008.4 KB

============受講者アンケート結果=============

ダウンロード
●第2回スキルアップ講座アンケートまとめ.pdf
PDFファイル 217.6 KB

=========================

<非会員受講可能>

第2回「接着技術者スキルアップ講座」開催のご案内

接着接合部の強度予測とFEAの実際 -破壊力学,CZMを使いこなす-

<終了しました> 

2019年4月22日(月)

東京工業大学 すずかけ台キャンパス

 

主催(一社)日本接着学会  構造接着研究会

研究会長 佐藤千明

講座長 原賀康介

 

1.「接着技術者スキルアップ講座」について

 

 構造接着研究会では、接着剤を用いる製品組立における接着の品質向上を目的として、製品の開発・設計・製造・品質業務などに関わる技術者の技術力向上を図るために、2016年度より「接着適用技術者養成講座(4日間講座)」を開催しています。この講座では、高信頼性・高品質接着に必要な要素技術とその最適化について講義しています。

 スキルアップ講座は、養成講座で関心が高かったテーマを取り上げ、さまざまな状態や現象を広い観点で俯瞰し、その上で「接着」と「他の要求機能」を両立させるためには何が必要か、何をすべきかを考えるための知識を基礎の基礎から実践レベルまで習得していただくことを目的としています。接着を使う立場の技術者、接着用材料を開発・製造される立場の技術者の双方に有益です。

 1回目は、東京工業大学の佐藤千明准教授に、「接着に必要な材料力学の基礎」について6時間にわたってご講義をいただきました。今回の第2回目は、「接着接合部の強度予測とFEAの実際-破壊力学,CZMを使いこなす-」をテーマとして3名の講師にご講義いただきます。

 なお、接着適用技術者養成講座を受講されていない方や日本接着学会の非会員の方でも参加可能ですので、この機会に奮ってご参加下さい。 

 

2.第2回「接着技術者スキルアップ講座」の実施要領

 

日 時 2019年4月22(月) 10:0017:00(技術交流会17:20~19:20)

 

場 所 東京工業大学 すずかけ台キャンパス 多目的ホール(地図㉗大学会館3階)

  交通アクセス:http://www.sok.titech.ac.jp/hp-zentai/access.html

  構内地図  :http://www.titech.ac.jp/maps/suzukakedai/index.html

 

テーマ 「接着接合部の強度予測とFEAの実際-破壊力学,CZMを使いこなす-」

内 容: 

 10:00~10:05 開会の挨拶
 10:05~10:45 第1章「接着接合部における破壊力学の基礎」

              東京工業大学 科学技術創成研究院 佐藤千明 准教授
 10:45~11:45 第2章「DCB試験法を用いた接着接合部のモードI破壊じん性測定」

              東京工業大学 科学技術創成研究院 関口 悠 助教

  ---- 休 憩 ----
 12:00~13:00 第3章「接着接合部におけるモードⅡ破壊じん性の測定」

              国立研究開発法人 物質・材料研究機構 内藤公喜 氏

  ---- 昼休み ----
 14:00~15:15 第4章「FEMの使い方」 佐藤千明 准教授

  ---- 休 憩 ----
 15:30~16:45 第5章「FEMを実際に用いたCZM計算」 佐藤千明 准教授

 16:45~16:55 全体質疑など
 16:55~17:00 閉会の挨拶

  ---- 休 憩 ----

 17:20~(19:20) 技術交流会(短時間の出席でも結構です)

 

受講料 (消費税別,技術交流会参加費を含みます)

①第1回~第3回接着適用技術者養成講座受講者   5,000

 ②構造接着研究会会員(法人会員、個人会員)  10,000

 ③日本接着学会会員(法人会員、個人会員)   15,000

 ④学生                     無料

 ⑤①~④以外の方               20,000円 

 ※接着学会法人会員に配布の催し物優待券は使用できません。

 ※構造接着研究会の法人会員名簿はこちら参照ください。

 ※日本接着学会の法人会員リストはこちらを参照ください。

 

申込み締切日 2019年4月15(月)

       ※ただし、定員に達し次第締め切らせていただきます。

 

受講料のお支払い 有料の方へは、事務局より請求書をお送りいたします。

                     お支払い期限:4月30日

 

問合せ先

 一般社団法人 日本接着学会 構造接着研究会事務局

  〒224-0001  横浜市都筑区中川1-4-1 ハウスクエア横浜4F

  TEL. 045-479-8855  FAX. 045-910-1831

  E-mail : jimu@struct-adhesion.sakura.ne.jp

聴講申込方法 :下記をコピー・ペーストして、E-mailでお送りください。

         E-mailの送付先 講座長 原賀 haraga-kosuke@kcc.zaq.ne.jp

 

======HH====== 聴講申込書 (4月15日(月)締切)======HH=======

    2019年4月22日(月) 第2回接着技術者スキルアップ講座

(1)会社名:

(2)聴講者氏名(ふりがな):       (    )

(3)所属・役職:

(4)研究会会員等の区分:(○をつけるか、不要な部分を消してください)

   ・接着適用技術者養成講座受講者(第1回、第2回、第3回)5,000円

   ・構造接着研究会会員(法人会員、個人会員)      10,000円

   ・日本接着学会会員(法人会員、個人会員)       15,000円

   ・学生                        無料

   ・上記以外                      20,000円

(5)連絡先

   〒    住所:

   E-mail :

   電話番号:

======HH===============================HH======

 ※・法人会員企業の方は、参加者数に制限はありません。

  ・複数名で同時申込の場合は、上記(1)~(5)を人数分記入願います。=============================================================

ダウンロード
開催案内印刷用
●190219 第2回スキルアップ講座案内(2019.4.22)印刷用.pdf
PDFファイル 144.7 KB

============受講者用テキスト(印刷用)(追補版)=============

ダウンロード
受講者用テキスト(第2章追補版)(印刷用)
1ページにPPT2面を表示のものです。内容は、下記と同じです。
ダウンロード後、お知らせしたパスワードで解凍ください。
第2章追補版 DCB試験法を用いた接着接合部のモードI破壊じん性測定 2枚.zi
zip ( 圧縮 ) ファイル 2.1 MB

============受講者用テキスト(印刷用)=============

ダウンロード
受講者用テキスト(第2章追補版)(印刷用)
1ページにPPT4面を表示のものです。内容は、上記と同じです。
ダウンロード後、お知らせしたパスワードで解凍ください。
第2章追補版 DCB試験法を用いた接着接合部のモードI破壊じん性測定 4枚.zi
zip ( 圧縮 ) ファイル 1.0 MB

============受講者用テキスト(印刷用)=============

ダウンロード
受講者用テキスト(第1章、第4章)(印刷用)
1ページにPPT2面を表示のものです。内容は、下記と同じです。
ダウンロード後、お知らせしたパスワードで解凍ください。
第1,4章 1ページに2面表示.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 1.4 MB
ダウンロード
受講者用テキスト(第1章、第4章)(印刷用)
1ページにPPT4面を表示のものです。内容は、上記と同じです。
ダウンロード後、お知らせしたパスワードで解凍ください。
第1,4章 1ページに4面表示.zip.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 1.2 MB

------------------------------------------

ダウンロード
受講者用テキスト(第2章、第3章)(印刷用)
1ページにPPT2面を表示のものです。内容は、下記と同じです。
ダウンロード後、お知らせしたパスワードで解凍ください。
第2,3章 1ページに2面表示.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 3.3 MB
ダウンロード
受講者用テキスト(第2章、第3章)(印刷用)
1ページにPPT4面を表示のものです。内容は、上記と同じです。
ダウンロード後、お知らせしたパスワードで解凍ください。
第2,3章 1ページに4面表示.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 2.2 MB

=============================================================================