構造接着・精密接着シンポジウムのご案内


オンライン開催

2021年度 第30回

構造接着・精密接着シンポジウム

「構造接着・精密接着に関する最前線」


 モノづくりの技術の中でも、構造物や機器の組み立てに欠かせない接合の技術がますます重要になってきています。なぜなら、どんなに素晴らしい機能性を持つ材料や部材が開発されても、取り付ける際にその機能や性能を損なってしまっては台無しになってしまうからです。多くの接合方法がある中で、特に最近注目されているのが、接着による接合技術です。この理由は、非常に広範な材料が接合できることに由来しています。例えば、航空機や自動車などの車体を接合する場合には、鉄鋼材料とアルミニウム合金、プラスチック材料等の異なる材料の接合が必要になりますが、最近の接着剤はこれらの材料を接合するのに十分な強度を有しています。また、スマートフォンをはじめとするモバイル機器では、液晶や電子回路、並びにその筐体の接合がやはり接着剤によって行われています。このように航空機から電子機器まで接着の用途はますます広がりつつあります。特に、異種材料の接合や、電気絶縁性、導電性、可撓性や意匠性などの機能を付与することのできる接着は、モノづくりに欠かせない接合手段となっています。

 今後は、構造のマルチマテリアル化が軽量化の観点で非常に重要になり、接着に対する需要が飛躍的に増えていくことが予想されます。本シンポジウムにおいて、最先端の接着技術を紹介していただき、その一助になることを期待しております。

 

■主催:一般社団法人日本接着学会 構造接着・精密接着研究会

■協賛:(公社)自動車技術会、(一社)色材協会、日本接着剤工業会、エポキシ樹脂技術協会、(公社)高分子学会、(公社)精密工学会、(一社)日本航空宇宙学会、日本電子材料技術協会、(一社)日本レオロジー学会、(公社)日本材料学会、日本信頼性学会、日本複合材料学会、(一社)溶接学会、(一社)強化プラスチック協会、(一社)日本機械学会、(一財)舟艇協会、(一社)日本塑性加工学会、(国研)産業技術総合研究所、(国研)物質・材料研究機構

■後援:日本包装学会


■日時:2021年11月30日(火)9:20~17:45

 

■形式:ビデオ会議ツール「Zoom」を使ってWeb配信します。

視聴方法は、開催前日にお申し込みいただいた方にメールでお知らせします。

 

■プログラム

9:20~ 9:30 開会挨拶

構造接着・精密接着研究会長 森 きよみ

 

9:30~10:30 講演1「モビリティの進化と接着接合について」

トヨタ自動車株式会社 モビリティ材料技術部 車両材料開発室 室長

嬉野 欣成 氏

はじめに、昨今の自動車業界を取り巻く環境について、CO2低減のための電動化、軽量化について説明する。その後、軽量化のためのハイテン化、アルミ、樹脂の活用拡大を具体的な部品の事例とともに紹介。そのための接着・接合技術についても述べる。 また、電動化に必要な接着接合に関して、電池パック、FCスタックに関するニーズを説明し、最後に、将来的に求められると思われる接着剤の機能と、接着剤への期待について述べる。

 

10:30~11:30 講演2「金属素材の接着接合と表面状態の関係」

株式会社神戸製鋼所 技術開発本部 材料研究所 表面制御研究室

高橋 佑輔 氏

金属素材を接着する場合、その接合強度や耐久性などの接着特性は金属素材の表面、すなわち酸化皮膜の状態に大きく左右される。また金属素材表面は合金種や製法によっても、その表面形状や元素組成、化学状態が異なるため、金属の表面状態を理解し、接着に適した状態に管理することは、安定した接着接合を得るために重要である。本講演では接着強度に影響を与える金属の表面性状や、表面処理による接着性の改善、そのメカニズムを分析した研究例をまとめて紹介する。

 

11:30~11:35 休憩/交流セッション説明

 

11:35~12:00 交流セッション1(嬉野氏、高橋氏)

 

12:00~13:00 昼休憩

 

13:00~14:00 講演3「自動車における接合技術の現状と課題」

日産自動車株式会社 生産技術研究開発センター エキスパートリーダー

樽井 大志 氏

近年の軽量化ニーズの高まり伴い自動車の車体はこれまで主流だった鉄から、アルミ、樹脂、複合材などマルチマテリアル化が進んでいる。接合技術はこのマルチマテリアル化に対応していく必要があるが、溶接、機械的接合、接着などそれぞれの接合技術における量産適用のための技術課題ならびに課題解決に向けた取り組みについて解説する。

 

14:00~15:00 講演4「高分子界面の構造・物性の理解と接着現象への展開」

九州大学 大学院工学研究院・主幹教授/次世代接着技術研究センター長

田中 敬二 氏

高分子材料の力学特性は分子鎖の緩和挙動と密接に関連している。中でも、ガラス転移を支配するセグメント運動のダイナミクスは極めて興味深い。近年、界面や薄膜など、三次元バルク系とは異なる「束縛場」におけるセグメントダイナミクスが注目を集めている。これらの知見は、複合材料の創製はもちろん、接着による材料の集積化等とも関連して極めて重要である。本講演では、高分子鎖一本の凝集状態と界面の形成について概説した後、異種相界面、特に、固体界面における分子鎖ダイナミクスを議論し、接着現象への展開について述べる。

 

15:00~15:10 休憩

 

15:10~16:10 講演5

「マグネシウム合金とその異材接合へのSPRおよび接着併用SPRの適用」

長岡技術科学大学大学院 工学研究科 教授

宮下 幸雄 氏

車体構造の軽量化を目的として、実用金属中最も軽量なマグネシウム合金に対し、自動車で広く用いられているSPR(セルフピアスリベット)を適用した例を紹介する。マグネシウム合金は接合部に割れが生じやすいため、接着併用SPR接合を試みた。実験および解析より、マグネシウム合金共材および異材SPR接合継手の強度支配因子についての検討結果、それに基づく継手設計法の検討例を紹介する。

 

16:10~17:10 講演6「木造建築の中層大規模化の現状―接着工法への期待と課題

大分大学 理工学部創成工学科建築学コース 木質構造研究室 准教授 

田中 圭 氏

SDGs、カーボンニュートラルなどの背景から、これまで木造では考えられなかった中高層のビルや低層の大スパン構造物を木造化する機運が高まっており、2020東京オリンピックでも多くの新たな木造建築が生まれ、使用された。 このような中、木質構造が求められる構造性能は飛躍的に高くなり、従来使用されてきた建設技術では対応することが難しくなっている。 そこで、期待されているのがGIR工法をはじめとする接着工法である。今回はこれらの近年の事例を紹介するとともに、その長所と解決すべき課題について概説する。

  

17:10~17:15 閉会挨拶/交流セッション説明

 

17:15~17:45 交流セッション2〔樽井氏、田中(敬)氏、宮下氏、田中(圭)氏〕

 

◆交流セッション(講師と直接交流できる時間)について

Zoomのブレイクアウトルームという機能を使って、講師と聴講者が直接交流できる時間を設けます。講師の御連絡先交換も予定しております。(講師によっては対応できない場合もございます。)短い時間にはなりますが、ぜひこの機会をご活用いただけますと幸いです。

セッションに参加する場合はマイク(必須)とカメラ(可能であれば)をご用意ください。

 


■申込締切日:2021年11月23日(火)

 

■参加費(消費税別):

構造接着・精密接着研究会 企業会員:1名無料、2人目から10,000円/人

構造接着・精密接着研究会 団体会員:登録代表者または代理の方1名のみ無料

構造接着・精密接着研究会 個人会員:無料

日本接着学会会員(構造接着・精密接着研究会非会員):20,000円

構造接着・精密接着研究会、日本接着学会、共に非会員:25,000円

※有料の方には、後日請求書を郵送いたします。ご入金は銀行振込でお願いいたします。

※日本接着学会の優待券は使用できません。

※非会員の方もご参加いただけます。

 

■参加申込方法:下記フォームからお申し込みください。 

※協賛団体に所属されている方は「会員種別」で「協賛団体所属」を選択してください。 


※シンポジウム併催「新製品・新技術紹介セミナー」は2021年度の開催はありません。

※プログラム、講師等は変更することがあります。

※システムトラブルなどにより、画像・音声に乱れが生じた場合は、再配信はできませんので予めご了承ください。

※音声、画像は受講者でご調整ください。利用にあたってのサポートは致しかねます。併せてご了承ください。

※天災またはその他やむを得ない理由により開催を中止(延期)する場合がございます。その場合は当サイトにてお知らせいたします。