「WGメンバー限定ページ」はこちら。パスワードが必要です。

 

=============================================================================

【お知らせ】 9月4日の「第2回精密接着WG」は、台風21号のため、延期となりました。下記日程にて開催します。

=============================================================================

第2回精密接着WG会合 開催のご案内【延期開催】

 

                                        構造接着研究会 精密接着WG主査 村田則夫

                                                    

 第2回精密接着WG会合を下記の通り延期開催いたしますので、メンバーの方はご出席の程、よろしくお願いいたします。
 出欠を 10月12日(金)までに、メールでご連絡お願いします。

 

※現在、構造接着研究会に非加入で(現在の法人会員リストは こちら をご覧下さい。)、精密接着WGへの参加を希望される場合は、下記の「精密接着WG参加登録申込書(研究会新規入会会員用)」と、構造接着研究会の入会案内ページ にある「入会申込書」を併せてお送り下さい。
  なお、構造接着研究会への参加は、日本接着学会の非会員でも可能です。
 また、初年度の構造接着研究会会費は半額となります。

 ※新たに構造接着研究会にご入会される場合の研究会年会費は、入会受付後請求書をお送りします。

 

        記
【第2回精密接着WG会合開催案内(延期開催)】
日 時: 10月22日(月)13:00~17:00
場 所: 伊藤忠テクノソリューションズ(株)
     http://www.ctc-g.co.jp/about/corporate/access/kasumigaseki.html
      東京都千代田区霞が関3-2-5
      霞が関ビル20階 セミナールーム
      会場へは、エレベーターで20階まで昇っていただき、20階のCTC総合受付に向かって、
      廊下を左方向の突き当りまでお越し下さい。(注:CTC総合受付の方には入らない)

議 題:
 1.新入会メンバー紹介、前回議事録確認、事務連絡など
 2.関連技術紹介
  (1)「構造解析の基本事項とその他の解析技術について」
      伊藤忠テクノソリューションズ(株) 早川尊行氏 (質疑含めて40分)
  (2)「動的粘弾性測定による光硬化過程の解析」 (質疑含めて20分)
      東亞合成(株) 佐々木裕氏
 3.硬化過程における応力・変形解析の進め方について
 4.その他の課題への対応について
 5.その他

 

 ※当日の配付資料は、前日までに、WGメンバー限定ページに掲載します。
 ※各業界の将来動向、提案、要望、質問、その他、当日配布・説明される資料があれば、10月12日(金)午前中までに、原賀までお送り下さい。
  (当日、プリントをご持参いただく場合は、24部ご準備ください。上記原賀への事前送付は不要です。)

 

 出欠回答は、以下をメールにコピー・ペーストしてください。

  ********** 出欠回答書(締切:10月12日(金)) **********

  メール送信先 To: haraga-kosuke@kcc.zaq.ne.jp
           Cc: n-murata@xpost.plala.or.jp

回答者氏名 :
会社名   :
出 欠   :  出席  欠席

出席者氏名 :
所   属 :
E-Mail   :
当日連絡ができる電話番号(任意):
非常時用個人メール(任意):

 ※複数名ご出席の場合は、人数分ご記入下さい。
  会場の定員(24名)を超えた場合は、1名に限定させていただく場合があります。

その他自由意見など:


 ※緊急時の連絡は、精密接着WGのホームページ https://www.struct-adhesion.org/precision/ に掲載します。
  また、上記個人用メールアドレスと会社メールアドレスに連絡します。
  開催直前にご確認願います。

 

その他自由意見など:

=============================================================================

精密接着WG 参加登録の ご案内

2018年3月31

 

 構造接着研究会では、これまで、構造接着技術を中心に活動を行ってきましたが、今後、技術の体系化が急務となる精密部品や精密機器組立における「精密接着技術」の強化を図るため、2018年度より、「精密接着WG(ワーキンググループ)活動」を開始しました。
 精密接着WGの活動内容等の詳細は、下記のWG活動実施要領」および「村田WG主査の説明資料」をご覧下さい。

 このWGには、構造接着研究会の法人会員および個人会員は無料で参加できます。


 現在、構造接着研究会に非加入で(現在の法人会員リストは こちら をご覧下さい。)、精密接着WGへの参加を希望される場合は、下記の「精密接着WG参加登録申込書(研究会新規入会会員用)」と、入会案内ページ にある「入会申込書」を併せてお送り下さい。
  なお、構造接着研究会への参加は、日本接着学会の非会員でも可能です。
 また、初年度の研究会会費は半額となります。

 ※新たに構造接着研究会にご入会される場合の会費は、入会受付後請求書をお送りします。

 

※構造接着研究会の既会員の精密接着WGへの参加登録は締め切りました。

 

【精密接着WG 活動の内容】

 HP下部に掲載のファイル22日開催の構造接着研究講演会資料、村田WG主査の説明資料)をダウンロードの上、ご覧下さい。

(1)設立の趣旨

   設立の背景

   対象分野

   WG 参加メンバ

(2)実施計画ロードマップ

   精密接着WGの実施計画線表

   技術課題の分類・整理

   技術課題の実施内容

(3)今後の予定

 

  なお、具体的な実施内容については、参加メンバーで討議して上期中に決定する予定です。下期からは、具体的な課題解決の活動に入りたいと思っています。

 

WG活動 実施要領 】

1) WGへの参加資格: 

  構造接着研究会会員に限る。ただし、活動上必要で研究会から参加要請をする場合は、研究会非会員でも可能とする。

2) WG参加費:

  無料とする。

3) WGへの入退会

 ①現在の研究会会員* WGメンバーになる場合:

  発足時入会を原則とする。(登録申込:締切りました。)

 ②WG発足後の新規研究会入会メンバー:

  WGへの途中入会は可能とする。

 ③WGの途中退会:

  可能。ただし、再入会は認めない。

4) 活動の場所、頻度・時期

   場所:東京地区

   頻度・時期:年4回程度で流動的に決めて行きます。

5) 秘情報の扱い

   機密情報は扱わない。守秘義務契約も交わさない。 

6) メンバーの企業名、所属、氏名

   WG内では原則公開とします。 

7) 情報の公開

   WG活動で得られた成果は、可能な限り公開する。 

8) メンバーの役割 

 ・Give & Take を原則とする。(情報収集のみの参加は避けていただきたい)

 ・活動、討議に積極的に取組む。

 ・解析や評価は、大学や公的機関、評価企業などに委託しますが、WGメンバーで実施可能な内容は、

  極力メンバーで分担いただきたい。

=============================================================================

「WGメンバー限定ページ」はこちら。パスワードが必要です。

=============================================================================

ダウンロード
2月2日開催の構造接着研究講演会資料、村田WG主査の説明資料
2018.2.2 精密接着WG 技術課題の実施計画(案)(HP).pdf
PDFファイル 1.2 MB
ダウンロード
●精密接着WG参加登録申込書(研究会新規入会会員用)
●精密接着WG参加登録申込書(研究会新規入会会員用).docx
Microsoft Word 41.9 KB

=============================================================================